富山市ガラス美術館




富山の大学に

通っていた

おともだちのおすすめ

に行ってきました。


現代ガラス美術作品

が展示されています。


建物は 

建築家の隈研吾さんが

設計で中に入ると

ひらけた空間が

広がっていました。


美術館のほか

図書館もあって

図書館がすてきすぎました。


最上階の

現代ガラス美術の巨匠の展示の

グラス・アート・ガーデンは

SNSにアップはできませんが

写真はOKです。

写真におさめたくなる衝動に

かられる空間です。


企画展では

カースティ・レイ

静けさの地平。


オーストラリアの作家で

予備知識なしでの出会いでした。


作品ひとつひとつが

こちら側に何か静かに

語りかけているようで

あちら側が透ける透明な部分を求めて

吸い込まれてしまう。


彼女の作品が

おさめられた画集は

詩集のようでした。