ビーマイベイビー


昨日はおうちの

用事をすませたあと

行けそうだと

ビーマイベイビー 

信藤三雄

レトロスペクティブ

をみに

世田谷文学館へ

行きました。

手がけたものが

ずらりとたくさん

あってすごかったです。

あらためて

フリッパーズギター

今でもワクワクします。

大きなジャケットの壁の前で

写真を撮ってもらいました。

そして企画展のチケットで

常設展示もみることが

できたので1階へ移動。

すると入口が真っ暗。

中を覗き込むと

受付の方がいた。

チケットを見せると

よろしければ

ご覧くださいと。

なにやら

上映中のよう。

小さな細長い箱の

前に観客が3人ほど

座っていた。

私も座ってみると

からくり仕掛けなのか 

小さな箱の中のものが

お話に合わせて

つつつーっと動く。

遠くの天から または過去から きこえてくるような 声で物語が語られている。 

私が最初に

みたのが

原作芥川龍之介

蜘蛛の糸でした。

次に見たのが

原作萩原朔太郎

題のない歌。

なんだ。

この世界。

ムットーニさんの

作品。

やばい。

好き。

世田谷文学館では

ムットーニコレクション展も

開催中でした。

またまた

しびれるものに

出会って生きている

よろこびを感じました。

出会いに感謝です。

今朝は

ピチカートファイブの

CDをごそごそ

探していたけど

どうしたことか

見つからず

ユーチューブで聴きながら

足どりかろやかに

いってきます。


Copyright ©2017NAOKOLAND All Rights Reserved​