天下一品で


昨日の夜ごはんは 天下一品。 サービスセットって いうのにしたよ。 もちろん  こってりね。 で カウンター席に座ったの。 一つの隙間のなく 絶え間なく人が座る感じで とても混んでいてね。 おいしいラーメン屋さんは

たいてい混んでいるもので そんなやつ来るなって 言われそうだけど すぐ両サイドに 人がいると ときどき 味がわからなくなるから あーぁって思ったの。 どういうことかっていうと。 ズルズルと ラーメンを食べる音とともに そのスピードが気になって 食べる速度の遅い私は途端に 急いで食べなきゃと胸が詰まって 味に集中できなくなるの。 だけれどもね。昨日は。 外は寒いけどあたたかい暖房の風が 顔にあたってあったまっている私は こんな風に考えてみたの。 左隣の人は左隣の人のラーメンとから揚げとごはんを食べている。 右隣の人は右隣の人のラーメンと餃子とチャーハンを食べている。 とそれぞれはそれぞれのものを食べているのだと あえて確認してから自分と区切ってやると。 私は私の目の前のラーメンと餃子とチャーハンを食べる。 ということに集中できて なんだか 急いで食べなきゃと焦りも感じることなく おいしくいただきました。 これも年末年始と ばたばたしていたけど 次に向けて 今の私は落ち着いて 自分のペースを保って 着実に手を動かし作品作りに 集中できる頭の中が状態で いることを優先している 思考回路のおかげかなとも 思い嬉しくなりました。


Copyright ©2017NAOKOLAND All Rights Reserved​